ヘナとインディゴを混ぜて|天然100%ヘナ通販ソワンシステム

天然白髪染めヘナカラーの通販ならソワンシステムへ。量り売り天然ヘナ専門店 [【ソワンシステム】量り売りヘナ専門店]

Menu
ヘナ専門店HOME > タイプ別おススメの色・使い方 > ヘナとインディゴを混ぜて

ヘナとインディゴを混ぜて

ヘナとインディゴブルー

白髪2~3割

黒髪とヘナ色のメッシュみたいになっています。蛍光灯の真下で写真を撮るとこのような色。

蛍光灯から離れてところでとるとこのような色。これでわかる様に光の下(外や蛍光灯)では明るく見え、室内では暗っぽく見えます。

ヘナとインディゴブルー

白髪8~9割

このページに載せるため、モデルとなってもらいました。ヘナ染前・洗い流した直後の色・翌日の写真となっています。

ヘナ染前の写真

白髪が1~2cm伸びています。この白髪のところにヘナとインディゴブルーを混ぜたのを塗ります。

塗って、1時間置き洗い流しました。洗い流した直後は根元の白髪がモスグリーンのようになっています。

そして、翌日。根元のモスグリーンだったところがこげ茶に変化しました。(濡れたまま空気に触れさせることでこのように茶色になります。)インディゴブルーとかのハーブをミックスして染めていると色がこのように変化しますので翌日の色が正式な色となります。

ヘナとインディゴブルー

白髪4~5割

「白髪が気になる」とのことで週一~10日に一度はヘナ染されています。インディゴは10日で落ちますので、落ちる前にヘナ染しているのでこんなに定着度も増し、黒に染まっています。「ヘナ独特のオレンジが苦手・・・」という方はこまめに染めることで暗めの色が得られます。

ヘナとインディゴブルー

白髪3割 

オレンジだけだと赤さが主張するので、そんな時はインディゴブルーをミックス。翌日はインディゴブルー(ハーブ)の働きで少し暗くなります。とてもこまめに染めているのでハーブが絡んで暗さがついていい色になってます。

ヘナとインディゴブルー(女性)

白髪5割 普通髪 少しくせ毛

オレンジへナを多めに調合。
明るさが大丈夫であればオレンジを多めに入れてあげるとトリートメント力も増します。

 

↑PageTop

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目10-39サンマリノビル5F(アクセスマップ

電話・FAX / 092-731-6410
営業時間 / 午前11:00~午後8:00 日曜祝日~午後6:00
定 休 日 / 水曜日・第1・3・5日曜日 ※ヘナ染め体験は要予約