よく聞くヘナ染の失敗談、そして改善方法!|天然100%ヘナ通販ソワンシステム

天然白髪染めヘナカラーの通販ならソワンシステムへ。量り売り天然ヘナ専門店 [【ソワンシステム】量り売りヘナ専門店]

Menu
ヘナ専門店HOME > 髪の健康Q&A > よく聞くヘナ染の失敗談、そして改善方法!

よく聞くヘナ染の失敗談、そして改善方法!

ソワンカラーヘナで11年目を無事迎えました。

いろんなヘナ染の間違いを聞き、改善しましたので今日はそれをかきたいと思います。

・ヘナを塗ったら櫛(ハケ)で伸ばしていた。だって、白髪染トリートメントは

塗り終わったら櫛をいれていたから同じだと思っていた。

⇒ヘナは塗り終わっても櫛でとかないでください。

といたらヘナが取れ定着が弱くなります。櫛でとかないようにしてもらったら綺麗に

いろが定着されました。

・ヘナを水で溶いていた。

⇒今、ベストな温度は60度前後。

水だとローソニアの発色弱くなり色も薄くなります。60度前後で溶くとヘナのペーストに

粘りがでて発色は良くなります。

・生え際だけが染まらない。

それは、塗りが浅いと染まりに影響がだます。そして生え際・フェイスラインは乾くと

色の定着がわるくなりますのでしっかりたっぷりヘナを置くことが肝心です。

染め方動画参考になれてください。

・パーマをかけてすぐヘナ染してしまった。。。

パーマをかけたら一週間あけてヘナ染がベストです。

すぐヘナ染するとパーマが取れてしまします。

・袋の上だけを取って染めたら赤かった。

0001

調合しているヘナは、中身が混ざっていません。

上だけ取って染めると失敗します。

少量のご使用だけだと、スタッフに小分けの分量でご注文頂くか

ご自分で中身をいったん混ぜて必要な量だけとって染めることをおすすめ致します。

・ヘナしたら逆に髪が凄くきしんだ。。。

⇒それは、ダメージヘアの方が良く言われます。傷んでいるとキシミは強く出ます。

キシミの激しいところにヘナがこびりついている証拠なのでほんとはいいことなんです!

 

 

タグ: ,

ヘナのご相談はこちら
どうぞお気軽にお問い合わせください。
↑PageTop

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目10-39サンマリノビル5F(アクセスマップ

電話・FAX / 092-731-6410
営業時間 / 月金 11:00~20:00・火木 11:00~19:00・土日祝 11:00~18:00
定 休 日 / 毎週水曜日と日祝日は不定休 ※ヘナ染め体験は要予約