オレンジと調合へナの違い|天然100%ヘナ通販ソワンシステム

天然白髪染めヘナカラーの通販ならソワンシステムへ。量り売り天然ヘナ専門店 [【ソワンシステム】量り売りヘナ専門店]

Menu
ヘナ専門店HOME > 髪の健康Q&A > オレンジと調合へナの違い

オレンジと調合へナの違い

ヘナはオレンジしかありません。

それを踏まえ、今日はブログを書きます。

お客様からよく聞く言葉「オレンジは苦手・・・」と

聞きますが、そんなお客様に調合ヘナをお出ししています。

調合ヘナとは、オレンジにハーブをミックスしているヘナのことです。

①オレンジ100%で染めると、白髪はオレンジになります。

②調合ヘナで染めると白髪はオレンジが濁った茶系になります。

①は一度色が付くと落ちることはありません、染めた手は真オレンジですが

2~3日で深みにあるオレンジになります。

②は、染めたては(調合の色にもよるのですが)茶系。ハーブが入っている

のでハーブは10日程で落ちていきますので、薄いオレンジに最終的になります。

この薄いオレンジとは、例)オレンジ6:ブルー4で染めたとして、ハーブ(4割のブルー)

は10日で落ちるため、6割のオレンジが最終的に残ります。

6割分のオレンジなので色はその分薄い感じです。

という意味です。

①は10割へナなので定着度はいいですが②は調合時に入っていた分のオレンジ

が最終的に出てきます。

色んな改善法があるのですが、こんなやりかたで皆様素敵な色になっています。

①、ソワン店長:石橋

当店のこだわり 髪質を補修し頭皮をトリートメント

基本、オレンジでそめています。全体が赤いとおもったらブルーをミックスして

いますがほとんどオレンジです。

石橋:「オレンジすると気になる根本は真オレンジですが、2~3日で

オレンジがこくなります。ですのでわたしはほとんどオレンジで染めていますが

前回ブルーミックスのヘナで染めたら根元の定着が薄かったです。

また近いうちに染めるのでその時はオレンジでしてみます。

全体あかいとおもったらブルーミックスで全体染めて、基本オレンジです。」

②、調合へナ

調合ヘナは、カラーバリエーションが豊富。この染めたての色をキープするには

ハーブが取れない10日に1回の染めが理想です。

調合ヘナで素敵な色を楽しまれています。

よねむら

小御門中側

調合ヘナは、こまめに染めることがポイント!

調合ヘナは、染めるたび毛先に色が付くとハーブが反応して

黒くなる場合がありますので、根元に調合へナ、毛先はオレンジなど

で染めるとなおいい色になります。

皆様はどちらがタイプですか?

詳しくはこちらをどうぞ ヘナについて

タグ: , ,

ヘナのご相談はこちら
どうぞお気軽にお問い合わせください。
↑PageTop

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目10-39サンマリノビル5F(アクセスマップ

電話・FAX / 092-731-6410
営業時間 / 月金 11:00~20:00・火木 11:00~19:00・土日祝 11:00~18:00
定 休 日 / 毎週水曜日と日祝日は不定休 ※ヘナ染め体験は要予約