ブルー|天然100%ヘナ通販ソワンシステム

天然白髪染めヘナカラーの通販ならソワンシステムへ。量り売り天然ヘナ専門店 [【ソワンシステム】量り売りヘナ専門店]

Menu
ヘナ専門店HOME > タグ:ブルー

ブルー(インディゴ)について

ブルーは、ヘナではありません。

白髪にブルーを塗るとほとんど色は付きません。

ブルーはハーブです。このハーブはヘナと違って髪に絡むという

性質がないため、いったん付着したかのように思えても取れます。

こういった場合、ブルーはヘナ(オレンジ)と一緒に使うことで

色の定着を得ることが出来ます。

H様施術後、後ろ

ブルーはこういう時に使う

・オレンジだけだと赤すぎるので、ブルーを少し混ぜる

・根元の赤さ(オレンジ)が気になるので、そこに使う。

  土台にオレンジが響いているのでブルーが反応し

  出来上がりは茶系になります。

ブルーの注意点

・早めに溶いて用意しておくと色がとびます。

    溶いたらすぐ使ってよし!

・洗い流しは素洗いが良い。

・塗るとき、粉が出やすい。

   ちょうどよく練っても、塗っている間にポロポロと粉や出やすい。

   その時は、少し水を足して塗るといい。

 

タグ: , , ,

時間がたつと赤くなる*その時の対処方法

ヘナのオレンジで染めていると色落ちとかはないのですが

茶系などで染められているお客様は、オレンジにハーブをミックスした

配合となるので、染めたては茶色でも10日ほどたつと

ハーブがとれてオレンジ色だけが残って色が赤くなってしまいます。

そんな時は、赤いところにブルーを塗布してください。

20160116

ハーブとヘナの関係

ヘナはオレンジしかありません。このオレンジが苦手な方に

ハーブをミックスして色を茶系などにしていますが、ハーブは髪に絡むという

性質がない為、時間とともにはがれます。

ハーブにオレンジを加えることでヘナ(オレンジ)の誘導でハーブも

定着したようにみえますが次第にハーブは取れてきます。

ハーブが取れるとオレンジが目立ってきます。

それが気になる!

といわれるので、ソワンでは気になる時に

ブルーを赤いところにぬってカバーしてみては

いかがでしょうか?  と提案させていただいています。

 画像のようにしっかりブルーを塗らなくても気になったところだけ

するのであれば10gほどでカバーでき、塗るのも簡単です。

 あともう一つは、回数

回数で濃くしていく方法です。

 

 

タグ: , , ,

ハーブ系を多く入れていると素洗いがいい!理由

ハーブって何?

ハーブとはブルーやオリーブブラウンのこと。

オレンジ系が苦手の方なのどにこのハーブ系を多くいれると

オレンジが茶系に濁ります。

でも、このハーブだけだけと染まりが悪いのでオレンジと混ぜ合わせて

つかうと定着が良くなります。

ハーブ活用の方は素洗いがいい

それは、オレンジヘナは髪の毛髄にからみます。

絡んだら落ちることはなく、これがヘナの性質なんですが、ハーブ系を

多く入れるとオレンジと一緒に毛髄に絡もうとするのですが、その性質が

オレンジに比べると弱いので、ハーブは落ちやすくなります。

ヘナ染した当日に綺麗にシャンプー剤で洗うとこのハーブが落ちやすい

ので、当日は素洗い。翌日からのシャンプーをおすすめしています。

ハーブによる色変わり

ハーブの特徴、「空気と水に触れることで暗さが増します」

これを利用して、赤いな!と思われたら濡れている時間を

増やしてあげることでくらくなっていきます。

例えば、洗髪してすぐ乾かさないで自然乾燥していると暗くなってきます。

その際、空気を入れるために髪をかき上げたりすると表面だけでなく

中まで暗くなっていきます。

ヘナ染仕立ては赤くても、時間とともに暗くなっていきます。

天然素材100%、カラーも選べます

 

 

   

タグ: , , ,

2回染のブルーについて

ブルーには時間によって色の発色が変わってきます。

分かりにくいですが、白髪が1cm伸びてる状態です。

白髪が8割。いつもヘナの2回染です。

T様施術前・横

全体をオレンジで染めます。

T様オレンジ・分け目

そうすると白髪の1cmはオレンジになります。

このオレンジを消すためにブルーを塗ります。

T様ブルー染1

ブルーは毛先まで塗ると黒々しくなるため

根元のオレンジのところより少しオーバーめに

塗りました。

T様施術後・横

40分で洗い流すときれいなこげ茶に!

ここで!2回染ブルーのポイント!

2回目のブルーは置き時間で色の濃さが決まります。

30分で茶色

45分でこげ茶

1時間で濃いこげ茶。

(毎回1時間くらい置くと真っ黒になりやすいです。)

*ブルーは白髪に塗ると薄いグレー又はグリーン。

オレンジで染めた後にブルーをかけるると化学反応で

茶系やこげ茶になります。

タグ: , , ,

ブルーの特徴

今日は、ソワンカラーヘナのブルーについて。

最近お客様から「ブルーって塗っているあいだにどんどん固くなって

髪に付かない時がある。」などご質問をいただきました。

⇒そんな時は少し水を足して塗ってもいいです。

henaaaaa

そして、ブルーのポイントといえば「水と空気に触れることで

色が変化する」ということ。

これは、ヘナのオレンジとブルーの組み合わせの場合

オレンジ色をなるべく出さないため濁らせるためにブルーを

使っているのですが、それでも赤いと思われたら

ヘナ染して洗い流したらすぐ乾かさず空気に触れさせることで

茶色に代わっていきます。

 藍染の藍と一緒で、水と空気に触れることで発色が

変わってくるという原理です。

タグ: , ,

ヘナの赤さがきになる・・・

ソワンは色の相談ができ微調整可能のお店。

こんな相談を最近いただきました。

ヘナ独特の赤さが気になり、こげ茶みたいにしたい!!」

ヘナで茶色やこげ茶にしたいそんな時は全体にブルーで染めてください!写真のようにくらくなります。

ブルーの放置時間は、30~40分。

ブルーの特徴は、赤いところを暗くするので自然なこげ茶になります。

(ブルーは赤いところに反応します。白髪が染まってない状態でブルーをすると白髪のとこはうすいグレーです。)

タグ: , ,

↑PageTop

〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目10-39サンマリノビル5F(アクセスマップ

電話・FAX / 092-731-6410
営業時間 / 月火金 11:00~20:00・木 11:00~17:00・土日祝 11:00~18:00
定 休 日 / 毎週水曜日と第1・3・5日曜/祝日不定休 ※ヘナ染め体験は要予約